新組織構築プロジェクト

新組織構築プロジェクト
新組織構築プロジェクト(イメージ)

中国人が日本の安保法案をどう見るか

中国人が日本の安保法案をどう見るか: 宋文洲のメルマガの読者広場 http://buff.ly/1IRcyRA

引用:
7割の日本国民が安保法案に反対している調査結果に一般中国人は羨望を込めて「日本は確かに民主主義国家になった」と再認識したようです。

特にSEALDsや高校生などの若者の反応が中国のネットでも話題になり、「コスプレ、漫画、ゲームに夢中で、社会問題に無関心」という日本の若者へのイメージも変わり始めました。

そんな中、安倍首相が名指しで中国を安保法案の対象だと言い出したことについて、中国の激しい反応を心配しましたが、記者に問われた中国政府スポークスマンは「日本は戦後の平和主義を堅持してほしい」と意外にも淡々と答えました。

一部の中国メディアは安倍首相が中国脅威を煽ると報道しましたが、だいたいのメディアは「安保法案を通すために中国脅威を煽る必要に迫られている」と理解を示したほどです。

「そのうち忘れるから」、「強引にやらないと何もできないから」、「世論は誘導すれば変わるから」という言い訳が多いのですが、これこそ民主主義に反する独裁発想であり、自分が国民より正しいという傲慢です。

民主主義体制の下でも独裁が有り得ることはナチスドイツが教えてくれました。選挙を経て政権を取り、国会の圧倒的多数を制してから憲法も体制も変えて独裁に走る歴史事例は枚挙に遑がないのです。

「民主主義は時間はかかるが、国民の支持を得てその長期的安定性を保つ。」これは中国国民が羨む体制です。憲法を変えることも安保法案を通すことも日本国民は恐れていないと思います。時間をかけて充分な議論を通じて日本国民が同意すれば、それに何の問題もないのです。


このブログの人気の投稿

Basic income and budget management of the company

全国民に毎月11万円、フィンランドが世界初のベーシックインカム導入を検討へ